読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーター・山奈央のあれこれどこそこ

よろしくお願いします。お仕事募集中です。ご依頼は、eleven_7_0@yahoo.co.jpまでどうぞ!

週末の物語 「301.5号室の住人」

週末の物語

「301.5号室の住人」

 

わたしはとある古いマンションの302号室に住んでいる。

細長いマンションで、1つの階に部屋は2つしかない。

階段を上ってすぐが301号室、その隣がわたしの住む302号室だ。

f:id:yamanaonao:20160131004118j:plain

301号室には、学生が住んでいるらしい。「らしい」というのは大家さんがそう言っているのを聞いただけで、実際に会ったことがないからだ。

ある日、仕事を終えてマンションに帰ってきたわたしは、ドアの鍵穴に鍵を差し込もうとした。けれども、鍵が入らない。

ふしぎに思って一歩引いて見てみると、わたしが立っていたのは301号室と302号室の間だった。

301号室と302号室の間に、もうひとつ部屋ができているのだ。

f:id:yamanaonao:20160131004224j:plain

その部屋のドアには「301.5号室」というプレートがかかっている。しかも、その部屋のドアはわたしの住む302号室のドアの半分くらいの幅しかない。

こんな部屋、これまでになかったはずだ。

呆然と立ちすくんでいると、301.5号室のドアがゆっくりと開いた。

「何か御用ですか?」

ドアの向こうにいたのは、ムササビ夫人だった。

f:id:yamanaonao:20160131005523j:plain

 「わたしは302号室に住む者で…。」としどろもどろになって言うと、

「あら、お隣さんでしたか。挨拶もしませんで御無礼いたしました。」とムササビ夫人はにこやかに答えた。

「あ、いえ。こちらこそ。」

「よかったらお茶でも。木苺のパイを焼きましたの。」

そうムササビ夫人からお誘いいただいたので、ご馳走になることにした。

その部屋は、奇妙に圧迫感のある部屋だった。壁と壁の距離が近いのだ。小太りのわたしは、体を斜めにしないと奥に進めない。

しかし、ムササビ夫人は優雅に壁と壁の間を飛んでゆく。

彼女にはおあつらえ向きの部屋ともいえる。 

f:id:yamanaonao:20160131004318j:plain

木苺のパイはたいへんおいしかった。

ムササビ夫人の住む301.5号室でふしぎなひとときを過ごしたあと、わたしは302号室へと戻った。

翌日、301.5号室は忽然と消えていた。

302号室の隣は、元通り301号室だった。 

f:id:yamanaonao:20160131004426j:plain

その後しばらくして、初めて301号室の住人に会った。

彼はぺらりと薄い身体をしていて、彼ならムササビ夫人のお茶会に誘われても壁と壁の合間を縫って、悠々と参加できるだろうと思った。