イラストレーター・山奈央のあれこれどこそこ

よろしくお願いします。お仕事募集中です。ご依頼は、eleven_7_0@yahoo.co.jpまでどうぞ!

夏の終わりに現実と夢で見たものは

 

今週のお題「#平成最後の夏」ということですが、平成最後の夏だからといって何か特別なことをするわけでもなく、仕事に追われて過ごしています。

とはいえちょっとは夏らしいこともしたいものだと、東京大学総合研究博物館で行われている「昆虫標本展」を見てきました。

標本づくりは夏休みの自由研究っぽいかと思いまして。

 

f:id:yamanaonao:20180826212849j:plain

f:id:yamanaonao:20180826213027j:plain

f:id:yamanaonao:20180826212927j:plain

f:id:yamanaonao:20180826212956j:plain

f:id:yamanaonao:20180826212908j:plain

 

部屋いっぱいの標本は圧巻でした。

案の定というか、夏休み中ということもあって小学生の姿がちらほら。

カブトムシなどの甲虫の標本は、小学生男子が熱心に眺めていました。

きらきらしたタマムシなんかはブローチにしたいくらい。

チョウチョは髪飾りかしら。

 

f:id:yamanaonao:20180826212834j:plain

 

なんて感じてのんきに見ていたのですが、ふと、綺麗だけど死体なんだよなと思ってしまったのです。

標本の展示室の外には剥製や骨なんかもあって、それを意識しだすとますます死の気配が濃厚になったような気がして、空恐ろしくなって早々に退出してしまったのでした。

***

さて、実際に博物館で見たのは図鑑に名のある生き物でしたが、夢で見たのは得体のしれない生き物でした。

f:id:yamanaonao:20180826213055j:plain

昨日の夜、ピンクの毛の生えたつるつるふかふかした謎の生き物を保護するという夢を見たのです。

しばらく家で飼っていたのですが、その生き物はもともとは砂漠に生息しているものだということで、砂漠にかえすことになり、砂の中に潜っていくところを見送るところで目が覚めました。

奇妙に実感の伴う不思議な夢で、腕の中でピンクの生き物が蠢く感触や小さな歯が指をかじる感触が、夢から覚めても残っていたのでした。

***

ところで、本日は8月最後の日曜日です。

仕事をして宅急便を出しにゆき、その後コーヒーショップと本屋とスーパーマーケットに寄って家に帰ってきたところでもう夜なのでした。

f:id:yamanaonao:20180826213043j:plain

残り少ない8月の日々。

たのしい日々にしたいと思います。

 

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村