イラストレーター・山奈央のあれこれどこそこ

よろしくお願いします。お仕事募集中です。ご依頼は、eleven_7_0@yahoo.co.jpまでどうぞ!

週末の物語「バスに乗ったら」

 

平日は毎日毎日終電で帰り、土日は土日で休日出勤。

しかも時には会社に泊まり込んで仕事。

仕事の内容自体はすきだからなんとかやっているものの、そんな忙しい日々が続いていた野原さんは、疲れ切っていました。

 

f:id:yamanaonao:20170528234747j:plain

 

その日も終電に乗って最寄り駅まで帰ってきたあと、自宅までの道を歩いていました。

木曜日。身体はくたくたです。

急にくらりと立ちくらみがして、思わず近くのものにしがみつきました。

しばらくじっとしていると、めまいは収まってきました。

そして気づいたのですが、野原さんがしがみついていたものは、バスの停車案内板でした。

 

f:id:yamanaonao:20170528234818j:plain

 

「こんなところにバス停なんてあったかな?」

野原さんがそう思っているところに、ブロロロロとエンジンの音を轟かせてバスがやってきました。

 

f:id:yamanaonao:20170528235102j:plain

 

野原さんは、吸い込まれるようにバスに乗り込みました。

バスには、野原さんと同じように疲れ切った人たちが数人乗っていました。

みんな一様に座席でぐったりと目を閉じています。

入社一年目でまだ業務に慣れない会社員。

一日歩き回った営業マン。

就職活動に苦戦している学生。

塾帰りの小学生。

毎晩夜泣きの激しい赤ん坊を連れた母親。

 

f:id:yamanaonao:20170528234853j:plain

 

野原さんも、座席に着くと同時に眠りに落ちてしまいました。

       *

       *

       *

「…は…点、……………。」

「…は終点、………です。」

「次は終点、………です。」

車内アナウンスが終点に着いたことを告げています。

その声に、野原さんははっと目を覚ましました。

そして、きょろきょろとあたりを見回しました。

他の人も、同じようにきょろきょろとあたりを見回しています。

それもそのはず、バスは明るい日差しの降り注ぐ花畑に着いていたのです。

 

f:id:yamanaonao:20170528235128j:plain

 

乗客のひとりである小学生が、歓声を上げていちばんにバスを降りていきました。

大人たちもそれに続きました。

赤・青・黄色・ピンク・オレンジ…色とりどりの花と、緑の葉っぱのじゅうたん。

しかも、その広い花畑には、ちょうど人数分のふとんがひいてありました。

 

f:id:yamanaonao:20170529002308j:plain

 

野原さんは、迷うことなく手近なふとんにもぐりこみました。

空は青空。横をみればきれいな花々。

ふかふかのふとんにくるまれて、再び眠りの世界へ。

 

f:id:yamanaonao:20170529001639j:plain

 

今度は、深く深く。

       *

       *

       * 

目が覚めたとき、野原さんは自分の部屋のベッドの上でした。

 

f:id:yamanaonao:20170529001705j:plain

 

「夢だったのか…」

服も着替えず、化粧も落とさずに眠ってしまったのかと、ベッドを抜け出して洗面所に向かいました。

そのとき、ひらり。

野原さんの服から落ちたのは、ピンクの花びら。

 

f:id:yamanaonao:20170529001722j:plain

 

「明日は会社をちゃんと休もう。そして、花屋で花を買おう」

金曜日。そう思って、野原さんはいつもより元気に出勤していきました。

 

f:id:yamanaonao:20170529001938j:plain

 

おしまい。

 

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村