読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーター・山奈央のあれこれどこそこ

よろしくお願いします。お仕事募集中です。ご依頼は、eleven_7_0@yahoo.co.jpまでどうぞ!

お正月に実家で感じる懐かしさと煩わしさと美味しさ

雑記

実家に帰省してきました。

正月うちは天気もよく、のんびり過ごしました。

帰省して感じることは、懐かしさと煩わしさ

実家周辺の景色やひさしぶりの実家で過ごす時間に懐かしさを感じるものの、家族の生活ペースに合わせることや行きたい場所に車でないと行けないということなどに煩わしさを感じることも…。

快適な一人暮らしに慣れ過ぎたようです。

とはいえ、実家でしか経験できないこともあり。

たとえば、もちつき。

 

https://www.instagram.com/p/BO6PNLyDWcf/

(実家からもらってきたおもちを早速今日焼いて食べました。美味しかった。)

 

正月用のおもちをつくのが毎年恒例の行事なのですが、いまだに臼と杵でつくという方法でぺったんぺったんついています。昔話みたいに。あるいは、クールポコみたいに。

ところで、今年は地域によってはもちつきのイベントをノロウィルス対策で中止したところも多かったようですね。

たかがもち、されどもち。

もちなんて今時スーパーで買えるものですし、手間がかかることや一年に一回使うだけの臼と杵を保管するスペースが必要なことを考えると、合理主義者からすれば無駄な行事に思えるかもしれませんが、伝統というほどではないにしても、各家庭の慣習として家庭でのもちつきが伝承されていくといいなあと思います。

わたしはというと、日程が合わずにこのもちつきには参加できずについたもちを後日食べただけではありましたが、美味しさは格別。

おせち料理、すきやき、しゃぶしゃぶ、雑煮、磯辺巻きなどなど、たくさん食べて、太って東京に帰ってきました。

そして、まんまと正月太りをしました…。